So-net無料ブログ作成
検索選択
ウチメシ ブログトップ

本日のお弁当…のはずだったのだが朝ごはん [ウチメシ]



 写真は本来食べ盛り高校生男子の早弁になるはずだったブツを朝食に、の図である。

・ ケークサレ(牛こま肉、新玉ねぎ、ブロッコリー、青えんどう豆)
・ トマト
・ きゅうり
・ かぼちゃのポタージュ

 本日愚息は校内の弁当つきイベントに参加するのだとか。
「かあちゃん、明日の弁当はおにぎりでいいよ」
 なぜかどや顔。母ちゃん大変でしょうから心配りしてあげちゃうんだ、オレってえらい的どや顔。

 まとめてみよう。要するにこういうことだな。

(1) 昼食が出るので弁当を作る必要なし
(2) だからおにぎりを作ってくれ

 すみません、母にはよく意味がつかめません。

 結局よくよく話を聞いてみるとはっきりとは言わないもののつまるところ早弁できるサムシングがほしいということらしい。
「サンドウィッチだと助かるっていうか、うれしいっていうか…」
 良い悪いはともかく分かりにくい物言いはやめれ。
 そんなこんなで昨夜、気温が低めのうちに、と睡眠時間を削って(飲酒しながら)作ったケークサレ、早弁用に小さな容器に入れておいたのだが

忘れていきやがりました。

 まあいいや。酒飲みモードで作ったので「お、呑んじゃう?」的仕上がりでもあるしなー。朝ごはんにしちゃったけど。



こちらもどうぞよろしく。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ステンレス多層鍋でご飯を炊く方法 [ウチメシ]

【用意するもの】
・ 米
・ 水
・ 計量カップ
・ ステンレス多層鍋
  ※ この場合の鍋は、できるだけふたが重く厚いものが望ましいです。
  ※ 土鍋などフタに空気穴が開いているものはこのレシピが適用されないような、気がします。

作り方
(1) 米を研ぐ。
(2) 鍋の中に研いだ米を移し、水を計量し、注ぐ。
  ※ 米と水の比率について
     白米:水=1:1
     玄米:水=2:3=1:1.5
(3) ガスコンロで炊く。まず強火にかける。
(4) フタががたがたいいはじめたら火を弱める。
(5) 弱火で10分間炊いたら火を止める
(6) 5分ほど蒸らしてできあがり。


 拙宅では10年以上この方法でご飯を炊いている。特に問題ない。
 ガスでご飯を炊けばエネルギーの節約になる、というわけでもないのだが(都市ガスが病院などで非常用電源の燃料になるケースもあるらしい)、調理方法の選択肢のひとつとして提案したい。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

至福の朝ごはん(なめろう茶漬け) [ウチメシ]

 至福の朝ごはん。焼き魚に大根おろし、納豆やおひたし、味噌汁などの旅館風もよし。かりっと表面に焦げ目をつけたトーストにふわふわのオムレツ、しゃっきりしたサラダにスープなどの洋風もよし。しかし前日に鮮度の高い鰯や鯵を入手したのならば至福の朝ごはんはこれで決まりだ。

20101126_10.jpg


本日の朝ごはん

・ なめろう茶漬け

 家人が仕事帰りに鰯を買ってきた。大振りでぷりぷりと肥え、目に濁りがなく、えらも色鮮やか。いい鰯だ。すばらしい。
 魚を捌くのは拙宅の包丁番長たる家人の担当なので本来わがままをいえない立場であるが、「なめろう! なめろうが食べたいですっ!」と思いっきり主張してすべてなめろうにしてもらった。

【なめろう】
 鰯を三枚におろす。
 葱の小口切り、味噌、生姜のみじん切りとともに鰯のみを粘りが出るまでたたいてできあがり。

 これがもう、たまらぬのですよ! 
 夜のうちに家人になめろうをこしらえてもらったのだけれど、お酒を我慢するのにかなりの努力が必要でありました(私は平日飲酒しないことにしている)。家人はこのなめろうで焼酎を飲んでた。うらやましー。

 さて、朝。
【なめろう茶漬け】
 <出汁>
 昆布と鰹で出汁をとる。
 酒を加えて煮きり、塩少々で淡く仕上げる。
 <薬味>
 大葉を千切りにする。
 白ごまをひねる。
 <茶漬け>
 熱々のご飯になめろうを載せる。
 熱々の出汁を張り、薬味を載せてできあがり。

 美味であるよー!
 青魚の臭みが味噌で抑えられ、独特の脂が味噌の塩分とあいまってまろやかな旨みとなっている。なめろう、よいねー。至福の朝食となりましたです。二日酔いの朝にもよいかも。もちろん素面の朝であってもよし。
 それにしても、書いてみて思いました。敢えてレシピを起こすほどの手順でもないね。
 

タグ:写真 朝食
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

マグロのほほ肉でお夕飯 [ウチメシ]

 ここのところ愚息の学校で保護者面談が行われていたため午前で授業が終了する日々が続いていたのだが、引き続きしばらく弁当いらずである。来ちゃったんである。学級閉鎖が。愚息が週明け登校したらば、いきなりどばーっと新型インフルエンザ罹患者が増えたとかで即下校となったんだとか。
 こうなると明朝、家人分の弁当を作れるかどうか。はなはだ心もとない。そこで夕食の写真をアップすることにした。

【マグロのほほ肉のムニエル】
20091116_2211131.jpg

 スーパーでマグロのほほ肉をゲット。今日はほっぺたの日だったんだろうか。タラのほほ肉というのも置いてあったよ(こちらにも興味があったけれど今回はスルー)。マグロのほほ肉に塩こしょう、酒をふって小麦粉をはたき、にんにくと一緒にこんがり焼く。
 つけあわせは3品。さやいんげんのソテー、じゃがいものガレット、赤玉ねぎの甘酢漬け。
 さやいんげんは下ゆでしたものをムニエルの後のフライパンでちゃーっと炒めるだけ。
 ガレットのじゃがいもは札幌からの贈り物レッドムーンをセレクト。赤い皮をむくと、男爵いもより黄色が強い身が出てくる。これをざくざくと千切りにする。ここで水にさらしてはならない。大急ぎで刻んでボウルに放り込み、軽く塩こしょうして和え、さらに小麦粉をふって混ぜたねを作る。フライパンを熱して油少々をなじませ、たねをすくって平たく押しつけるようにして弱~中火で片面4分ずつ焼く。
 赤玉ねぎ(アーリーレッド)も札幌からの贈り物。スライスして水にさらし、塩少々をふってもみ、しばらくおく。ボウルに塩、はちみつ、砂糖、レモン汁、黒酢を投入。よく混ぜて甘酢を作る。レモン汁と黒酢をブレンドするというのが肝要。レモンだけ、あるいは黒酢だけでは酸味がきつくなるのだけれどブレンドするとマイルドになるのである。割合はレモンと黒酢、1:1~1:2程度。塩もみした赤玉ねぎがしんなりしたらぎゅっと絞り甘酢と和えて冷蔵庫でしばらく寝かしてできあがり。甘酢に漬けると赤みが増して色味もきれい。

白菜と豚バラ肉の蒸し焼き
20080101_14.jpg

 洗った白菜の間に塩こしょうした豚バラ肉を挟み、ずれないように爪楊枝を刺して固定して弱火で30分強蒸し焼きするだけ。白菜から水分が十分に出るので水やほかの調味料は不要。

 今日の夕飯は他にご飯、えのきと大根の味噌汁。味噌汁は豆乳(無調整)で仕立てた。冬場はよくこうして味噌汁を作る。クリーミーで体が温まるような気がする。


こちらもどうぞよろしく。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ



共通テーマ:グルメ・料理

じゃぶじゃぶになっちゃったよう [ウチメシ]

2-20090728_06.jpg


本日の昼食
・ スパゲッティカルボナーラ(ベーコン、玉ねぎ、しめじ、ブロッコリー)

 今朝はとうとう気力体力の限界を迎え、家人に「すみません、今日はお弁当なしにしてください」と懇願。家人は心が広いので「いいよ、いいよ」と快諾してくれたのだが、快諾されればされたでなんだかちと自分の中で納得できない気分。明日は頑張らねばのう。

 さて、今日は愚息と二人で自宅ランチ。
 へろへろふらふらとすべてをワンプレートに押し込みたいそんな時のメニューがスパゲッティだ。
 特にカルボナーラは愚息の好物なので「作る」と宣言するとたいそう喜ぶ。喜んでもらえるのだがしかし、私の場合ヤツの期待に必ずしもこたえられるとは限らないのが痛い。前回はもたもたとかき混ぜていたらば卵がダマになってぼそぼそのソースになった。今回はその教訓を胸に刻み手早くわしわしと混ぜて…なぜだ。なぜなのか。上の写真をご覧いただければ一目瞭然、ソースがじゃぶじゃぶ。
 胸に刻むべき教訓ばかりが増えていくよ。



こちらもどうぞよろしく。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ


メインブログもどうぞよろしく。
mainblog_banner2.png


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

案の定 [ウチメシ]

20090715_09-2.jpg


本日のランチ
・ 塩豚たぬきそば

 やっぱりね。そう来ると思っていましたよ、母は。
 案の定、朝食後1時間半でもじもじしはじめた。あの量の朝食で足りるはずがない。「早めにお昼食べる?」と水を向けると目をきらきらさせて「うん!」と愚息は大きくうなずいた。「たくさん食べる」とうきうきしながら言いやがるので蕎麦を3束。2束半は愚息の皿に盛ってやる。特盛りだ。
 写真の皿が愛用の洗面器サイズである。どれだけ巨大かというと、私の顔が余裕綽綽で入るくらい。ちなみに私はよそ様から小顔であるという評価を受けたことがないでかい頭部の持ち主である。

塩豚たぬきそば
 塩豚たぬきそばの具はレタス、玉ねぎ、きゅうり、半ずりにした金ごま、天かす、塩豚。
 今回の塩豚も簡易バージョン。普段は肩ロースだけれど今回は豚もも肉。塊1.7キロを4つに切り分け、長ねぎ、生姜とともに40分強ごんごんとゆでて、鍋から取り出したら熱いうちに粗塩をまぶして粗熱がとれたらできあがり、という凄まじくできあがりの早い塩豚なんである。熟成期間数日なんて待ってられない、思いついたらすぐ食べたい方向け。でも冷蔵庫で1日寝かせたほうが熟成が進んで美味。
 具を刻んでそばをゆで、皿に盛ってめんつゆをまわしかければできあがり。


 さて、早めのランチ後、愚息は散髪に出かけた。
 しばらく経って「あちー、あちー」と滝のような汗を流しながら帰ってきたのでこちらのおやつを。

20090715_06-2.jpg


本日(おそらく1度目の)おやつ
・ ヨーグルトアイスといろんなすもものコンポート

 ヨーグルトアイスは、水切りしたヨーグルトに砂糖や蜂蜜、レモン汁、メレンゲを混ぜて作る。暑さが二次曲線を描いて厳しくなりつつある今日この頃、オトコ衆に好評である。
 そして。拙宅では私の煩悩を満たすべく現在桃まつり開催中である。水蜜桃、プラム、ネクタリン、ソルダム…冷蔵庫中桃の香りがぷんぷんしている。冷蔵庫を開けるたびに幸せだ。
 だがしかし。たまたまなんだろうか。買った桃類すべて固くて熟していないものが高確率で混入している。水蜜桃のコンポートが好評で気をよくした私はその他の固いすももをすべてどーんとコンポートに。
 今回のコンポートはちょっと煮詰め過ぎてどちらかというとプリザーブ、かなー。ソルダムの果肉の色がシロップに溶け出してきれいな赤になってうれしい。



こちらもどうぞよろしく。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ


メインブログもどうぞよろしく。
mainblog_banner2.png

コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

朝は食欲がね、などと食べ盛り男子がたわごとをぬかすので [ウチメシ]

20090715_0826341.jpg

20090715_0826552.jpg


本日の朝食
・ じゃがいもとベーコンのガレット
・ ミネストローネスープ(トマト、大豆、玉ねぎ、人参、大根、まいたけ、青梗菜、パスタ

 愚息の学校はどうも休みが多いような気がする。試験終了後しばらく、答案返却日と終業式のほかは自宅学習と称してお休みなんである。本日は部活動もないため完全にフリー。もう夏休みのようなもんである。
 そうなるとあれですな。こちらもちと夏休み気分。

 近頃、「朝は食欲がない」などと愚息が言いやがる。透き通るような白い肌のはかなげ低血圧美少女じゃあるまいし。
 ちなみに普段の朝ごはんは弁当と同時進行で調理するのでメニューはだいたい固定。ご飯に味噌汁、納豆と生野菜を添えた目玉焼きと煮物(ひじきか切干大根)のベースラインに、オプションでちりめんじゃこやたらこあるいはベーコンなどが加わることがある。目玉焼きではなくアジやサバなどの干物、ということもある。そして時間的余裕と買い置きがあれば果物。朝はびしっともりもり食べようぜ。
 顔は童顔といえど(これは遺伝なのでオヤジになっても童顔のままであると思われる)身長170センチ成長期まっただ中の食べ盛り男子が朝から食欲がないとは何事ぞ。鼻先でわらっておいたのだが、これはある意味手抜きチャンスなのではないか、とふと思った。
 そこで試みに今日は飯(お米のご飯、という意味)抜きメニューにチャレンジ。

じゃがいもとベーコンのガレット
 男爵いもとベーコンを千切りにする。ボウルにこれらを入れたら片栗粉、パセリを加えて混ぜる。ネットでじゃがいもガレットのレシピを調べてみると、調味料はさまざまであるが共通しているのが
「千切りにしたじゃがいもを水にさらさない」
 という注意書きだ。なるほど。水にさらすと表面のでんぷん質が水に流れてしまって焼くときにばらばらになっちゃうというわけね。
 次にフライパンを熱し、オリーブオイルをしいてボウルの中身を投入。木べらで形をパンケーキ状に整え、上からぎゅっぎゅっと押さえつつ中火で4分加熱。上下ひっくり返してさらにもう片面を4分加熱。ここでいったん別皿に移す。
 同じフライパンにピザ用チーズを投入。チーズ溶けかけたところで別皿に移しておいたものを戻し、2分ほど加熱。皿に盛り付ける。仕上げに軽く塩胡椒、飾りにパセリを散らしてできあがり。

 ちなみにガレットを盛り付けているファンシーな皿は昔景品としてもらったものである。図柄は名作アニメ「フランダースの犬」。悲劇的結末を知らぬ少年少女と犬がほほ笑みあう和やかな情景が切ない。そしてスープを盛り付けているのはミッフィー柄の皿。愚息の幼児期に愛用した器の中で今もなお現役を張る数少ない品なんである。普段は洗面器サイズの巨大皿でスープを出すのだが、「朝は食欲がね」などと色気づいたことをぬかすので器をファンシーにしてやったよ。

 さきほどやっと起きだしてきた愚息によると「おいしいんだけど脂っこい」と今ひとつの評価である。ガレットはともかく、ミネストローネは具材を炒めずことこと煮て作ったから油不使用なんだがのう。和食党の愚息には受けがよろしくなかった様子。
 燃費の悪い愚息はおそらくあと30分もすれば「おなかすいたー」などと言い出すのだろう。早弁が必要である理由がちょっと見えたような気がする。



こちらもどうぞよろしく。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ


メインブログもどうぞよろしく。
mainblog_banner2.png

コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

鰹のたたきもどき [ウチメシ]

 休日出勤でへとへとの家人のために父の日ディナーを、とかなんとか理由をつけて昨夜は自分の食べたいものを作ったよ。

鰹のたたきもどき
20090621_2005421.jpg

 釣りに行く時間がとれないからかもしれない。とにかく今シーズンは鰹が恋しい。沖では鰹が黒潮北上中だと思うとうずうずする。もうそろそろ宗田鰹が接岸するかも。むむー。あの竿をひったくられるようなパワフルな引きが恋しい。海。なんていいところなんだ。腕がへっぽこだから海に行ってもさして釣れるわけではないのだが、それでもお刺身がたくさん泳いでいるんだなー、と思うとたまらない。
 そんなこんなで走りの鰹が出回り始めて以来、ちょくちょくこの鰹のたたきもどきを作っているんである。釣りしたい、という気持ちの高まりもさることながら、鰹がリーズナブルであること、そしてこの料理が至極簡単であるわりに家族の受けがよろしいことも出番が多くなる理由となっている。

 作り方は簡単だ。
 まず野菜をカット。今回は玉ねぎ、きゅうり、水菜、トマトをチョイス。水菜がなければレタスでもいいし、玉ねぎではなく小ねぎもよく合う。大根の千切りを加えてもいいし。カットしたら水気を切って皿に盛りつけておく。
 次ににんにくをスライス。鰹のサクに軽く塩コショウしておく。フライパンを熱し、オリーブオイル(サラダ油可)をしき、にんにくを投入。きつね色になるまで炒めていったん別皿ににんにくを取り出す。
 そしてバット、あるいはボウルに氷水を張る。ここからは火力を強くして一気に仕上げる。同じフライパンにかつおのサクを放り込み、表面に焼き目がつくようじゃーっと焼く。サクの全面に焼き目がつくよう、じゃーっと焼いたらころんと転がし、またじゃーっと加熱。一面につき5~10秒も焼けば十分か。焼いたらすぐにサクを氷水にじゅうっとつけて身を締める。
 氷水からサクを取り出し、スライスして野菜の上に盛りつけ、上に先に取り分けておいたにんにくスライスを散らし、ゆずぽん酢をかけてできあがり。

 今回の父の日ディナー、他に家人から先日リクエストされた
20090621_2102272.jpg

 かぶのレモン漬けや、同じくかぶの葉っぱの
20090621_2102503.jpg

 菜飯、他に茄子のもちあわあんかけや塩豚などをこしらえた。
 かぶのレモン漬け、もっと過激な酸味に仕上がるかと思いきや、案外マイルド。なるほどねー。家人が食べたがるわけだ。すっぱいものトレーニング中の愚息にも受けた。これは夏場の惣菜として今後重宝しそうだ。


こちらもどうぞよろしく。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ


メインブログもどうぞよろしく。
mainblog_banner2.png

コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お弁当はお休み [ウチメシ]

20090313_0849343.jpg


本日の朝ごはん
・ おむすび(塩むすび、梅じゃこむすび)
・ きゅうりとキャベツの塩もみ
・ 出汁巻き
・ 油揚げとわかめの豆乳味噌汁

 愚息の学校が試験休み、家人も今日はビジネスランチ、とのことなのでお弁当作りはお休み。
 写真は私の朝ごはん。
 実は、仕事に部活動にと慌ただしく家を出たオトコどもの朝食とは若干メニューが異なる。彼らにはおむすびの代わりに温かい炊きたてご飯、出汁巻きの代わりにベーコンエッグ、と言えば聞こえはいいようだが、要は細工に時間のかかるものを出せなかったというわけだ。


続きを読む


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
ウチメシ ブログトップ

食べ盛り男子の腹の虫を攻略せよ! 色気なし食い気オンリー弁当の記録。写真及び文章の転載はおやめください。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。